Skip to content

ファッション通販を利用する際に色選びで注意すること

ファッション通販で、せっかく、気に入った品物を買ったのに、カタログで見た感じとは色合いが違っているというのはよくあることです。

白や黒なら、大きな支障はないのですが、ブルーやグリーンなどの場合、「自分が思っている感じの色と違った」ということでは困ってしまいます。カタログの中の色はやはり、映えるように表現している部分があるので、実際に購入してみるとイメージが違うと感じることは、決して勘違いではありません。ファッション通販で色物の商品を購入する際には、サイズだけではなく色もしっかり確認しておくべきでしょう。しかし、サイズとは違って、「色」の確認は難しいです。

またショップによっては、イメージ違いや色違いといった、購入側の都合で商品が気に入らない場合は、返品・交換ができない場合もあるので、慎重に購入したほうがいいでしょう。まず、ショップに電話をかけます。そして、その際、「色違いで返品ができるかどうか」ということ、また、その方法を確認しておきましょう。色違いやイメージ違いなどで返品ができる場合は、一旦、購入してみるというのも手段です。また、返品ができない場合は、「色」についてできる限りの問い合わせをしておきます。

例えば、「ブルー」の中にも「コバルトブルー」や「マリンブルー」など細かい区分けがあります。自分がイメージする色を伝えて、それと相違ないかを確認しましょう。また、ショップによっては、カタログに購入した人のコメントが載ってる場合があり、その中に生地のアップ写真も載せてあることもあるので、カタログは隅々まで確認するといいでしょうファッション通販を利用する際、色に関しては確認が難しく、また、人それぞれ価値観が違うので、よく吟味し、自分がイメージする色に近いのかを確認の上、納得してから購入したほうがいいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *