バナー

合宿免許のメリットとデメリット

運転免許を取得する方法は、大きく分けて2つです。

1つは自動車学校に通う方法、そしてもう1つが合宿免許です。
社会人で働きながら免許を取得したい、という場合は前者の自動車学校に通う方法が適していますが、学生や主婦など長期でまとまった休みが確保できるのであれば、後者の合宿免許も魅力的な方法だと言えます。

合宿免許は、通学する場合に比べて免許取得にかかる費用が安いというメリットがあります。

さらに通学の場合は忙しくて講習と講習の間に日が空いてしまい、せっかく覚えた学科や技能が身につきにくいというデメリットがありますが、合宿の場合は短期集中して学ぶことができるため、知識が吸収されやすいのもポイントです。



合宿免許というと、地方の田舎で缶詰にされるというマイナスなイメージを抱かれがちですが、最近では寮に優秀なシェフが常駐して、バイキング形式で好きなものが食べられるなど食事にこだわったプランなども増えており、リゾート気分を味わうこともできます。同じように合宿に来ている他県の人と友達になれば、楽しみながら免許取得に励むこともできます。
気をつけなければならないのが、春休みや夏休みなど大学生が長期休暇に入るシーズンは予約が埋まってしまっていたり、価格設定が高くなっている場合があるという点です。時期によっては通学で取得するのと金額があまり変わらないこともあります。



さらに滞在期間中に最終試験に合格できなかった場合、追加で料金を請求されるプランもあるので、予め確認しておく必要があるでしょう。